キッチンで作る化粧品

肌を美しく保つのに欠かせないのが、化粧水やクリームといったスキンケア化粧品です。これらをドラッグストアやデパートで購入している方も多いことでしょう。しかし売っているものばかりだけが化粧品ではありません。自分で作ることもできます。

専門の材料が必要になることもありますが、中には冷蔵庫に入っているもので作れるものもあります。これらの化粧品を手作りするにはある程度の手間はかかりますが、食品などから作るために余計な添加物がいらないというメリットがあります。休日など時間のあるときに試してみるのもオススメです。初心者に最適なのは、混ぜるだけでできるパックです。

使いきりですので、腐らせてしまう心配もありません。美白や保湿、アンチエイジングなど目的に合わせて材料を選ぶことで、そのバリエーションは無限大となりえます。自分好みのパックを作成してみるのも楽しい作業です。例えば美白効果が高いパックとしては酒かすや日本酒で作るものがあげられます。

これらに含まれるコウジ酸は美白化粧品に配合されているほど効果が高いものです。アルコールに弱い方は加熱してアルコールを飛ばしてから使うのがよいでしょう。またオートミールや黒砂糖は天然のスクラブ剤になりますし、ヨーグルトはマイルドなピーリング剤になります。アボカドはビタミンEが多く含まれ、アンチエイジング対策にも使えます。

こうした様々な効能が期待できる手作りパックですが、1つだけ注意点があります。それがアレルギーなどが原因で肌トラブルを起こしてしまう可能性です。ですから作成したパックは使用する前に必ずパッチテストをするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*